クマ吉まったり廻り道
主婦の『ぶぶ』と、お供の『クマ吉』。ちょっとお喋り散歩道♪
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キレイニ ヒカル
2011-02-28(Mon) 18:09
ひゃーーーーん。

今月の更新、少なっ。
もう一度言っておこ。少なっ。




じゃじゃーーーーん。





お、覚えてます?(^-^;
由利っぺの衣装なんですが。

めでたくスカートが完成しました(^-^)v


ジャケットを作ってから、少しボリュームを調整するかも。
上手くジャケット作れたらいいなぁ。ここからは未知の領域なんで楽しみ。


このところ、考えたら考え込むような毎日で。
ただ、考えてもしょうがない事なんですが。こればっかしはね…っていう。
だから、関係ない事に打ち込む事に必死です(^^;
ビーズ触ってる時は夢中になるからいいんです。
やっぱりチマチマが好き(*^^*)











スポンサーサイト
きっと忘れない
2011-02-06(Sun) 18:01
今日は、泉水さんのお誕生日という事で。
じっくりZARDを聴こうかな♪って方も多いかしらと。

私は、録音しておいたラジオを聞きました。
寺尾さんがゲスト出演されたやつね。
放送日が仕事してた日だったので、まだ聞いてなかったんです。

で、せっかくだから、少しだけ内容をお伝えしちゃう。


ラジオ関西 「新・神戸ジャズ物語」
DJは、ジャスシンガーの森川さんと、パスパラの神様こと車谷さん。
神様は人間になって違う番組に出てらしたんですね(笑)
久々に聞いたわぁ~。地声をラジオで聞いたのは初だけど(笑)

で、最初は、お2人のZARDのお話し。

車谷さんは、ツアーでの色んな思い出が有ると。

森川さんは、あのイタリアンレストランでライブをしたみたい。
可愛らしいお店で、坂井さんのお家に来たみたいだったと印象を。
「もう少し あと少し…」を歌われたそうです。楽しい思い出だそうで。


で、寺尾さんの登場~~~。
ZARDのディレクターで、今は車谷さんの上司という紹介で(笑)


んじゃ、いきまっしょい。
インタビュー風に書いてますんで、読みにくかったらごめんちゃい。


ディレクターとはどんなお仕事をされるんですか?

プロデューサー、アーティストの皆さんと一緒に相談しながら、どういうアーティストにしていこうか、あるいは、どんな曲をどんな風に歌ったり、詞を載せたり、レコーディングしていったり。最終的にCDになったりするんですけど。どういう形にやっていこうか~っていう。まぁ、現場の監督ですかね。ヘルメット被ってないですけど(笑)それぐらいの感覚。


寺尾さんはいつ頃から担当されてたんですか?

デビュー決まった後、すぐですね。1990年の秋頃ですかね、レコーディングスタジオで初めてプロデューサーから紹介して頂いてお会いしました。


坂井さんはどんなアーティストだったんですか?

最初お会いした時、凄く大人しい感じだったんですけども、実際にブースに入って声を出した時、ものすごい大きい声なんですよ。坂井さんね、あまり大きい声の印象ないじゃないですか、めちゃデカイんですよ。びっくりして。声がよく通るし、説得力もあるし、イケるんじゃないかと思って。まさか、その後ね、大活躍されて支持されるとは、そこまでいくとは思わなかったんですけど。思い出すとね、やっぱり最初から歌がインパクトが有って素晴らしかったというのがね、有りましたね。勿論、優しい感じで、癒し系の人なんですけど、声がよく通るんですよ。


寺尾さんが拘ったところはどちらですか?

サウンドは、基本的にはロックを基調としてたんですけれども、坂井さんが凄く色んな音楽が好きでね。クラシックなんかも好きだったので、その要素が入ってるアレンジが有ったりだとか。サウンドもそうですけど、坂井さんが書く言葉、歌詞ですよね。メロディと歌詞の一体感って事ですか、彼女が歌うとものすごく伝わるんですよ。彼女はですね、メロディが先に、デモが有って後から坂井さんが歌詞書くんですけども、メロディにね、一番合う言葉を持ってくる、ある意味それは天才だと思いました。どんどんそれが良くなっていきましたね。それが、皆さんに支持される事になったんだと。例えば、「♪きぃ っと わ す れ ない♪」っていうね。パァっと聞いて覚える言葉を。ビートルズですよね。「♪She love you, yeah, yeah, yeah,♪」こんなとこで歌ってますけど(笑)


特に苦労したところは?

今だから言いますけど、ほぼ苦労の連続ですね。あのね、じゃ、この曲やろうか!って時にね、アレンジを何パターンも作ったりね。歌詞を坂井さんが何回も書き直して、もう一回やってみようとか。色んな曲がそうでしたけど、「運命のルーレット廻して」っていう曲が有るんですけども、これはですね、僕がスタジオに行くと、今日のアレンジみたいな。今日のメニューみたいな形で。また別のアレンジで。僕が知らないのも有りました(笑)「これ何?」「昨日の夜中に発注して今日出来てきました」みたいな。これでやってみようかみたいな。そういった、皆さんの努力や坂井さんの熱意が有って魅力的な作品になったと思います。


坂井さんはどんな方だったんですか?

レコーディング撮影の時の部屋着というか飾らない感じですよね。普段も割と飾らないというか。だんだん、そうなっていったかもしれませんね。勿論、高校生とか若い頃はお洒落をしたりとか有ったと思うんですよ。でも、ZARDという事でやっていくと、だんだん飾らない感じでしたね。ああいう感じの人でしたね、人物として。意外とさっぱりしてるというか。いわゆる女性的というよりは、割と芯がしっかりして、優しいんですけどナヨナヨしてないというかね。「どんな映画好き?」って話ししたら、「恋愛映画よりはSF映画が好き」って。マニアックに観てましたね。歌詞を書く時に色々な刺激を受けたいって恋愛映画を観たりしてましたけど、SFとか。


寺尾さんにとってZARDはどういったものですか?

第一印象は姿勢が良かったですね。ものすごいピンとしてる。「剣道やってますか?」って聞いたら、「いや、私、陸上で。あとはテニスやってました。」みたいな話しだったんですけど。その姿勢そのもので、音楽に対する姿勢もすごく良かったですね。真っ直ぐで。すごく拘り有るんですけども、あとは、意外に、プロデューサーに、我々にきちんと委ねてくれるというか。キャッチボールが上手くいくタイプですね。それが、結局多くの人に支持されていった、そういう事なのかな。彼女の姿勢の良さが多くの人に支持されていったという風に繋がっていってるんじゃないかなと思いますね。全てが姿勢に現れるんですね。僕、姿勢悪いですからね(笑)






こんな感じ。
他には、これからのZARDの情報とかを。
「写真集、僕も欲しい」とか。
「ライブで、ライブ初披露曲やるよ」とか。

車谷さんも後で仰ってたんですが、熱い方だなぁという印象を受けました。
凄くZARDの事を想ってはるんやなぁって。
当たり前やけど、この人は絶対にZARDを忘れる事は無いんやろなぁって。
そんな感じ。寺尾さん。素敵な方でした。














Category
Link
Archive
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    Profile

    ぶぶ

    Author:ぶぶ
    Name:ぶぶ
    Blood Type:A型
    Birthday:10月5日
    Addless:大阪府
    Work:主婦

    Photo:クマ吉(雄)
    仁和寺ドレスで女装中(笑)

    Welcome♪
    GARNET CROWが大好きな主婦です♪
    他、岡本仁志さん、滴草由美さん、ZARDなど、Being GIZAのアーティストさんの作品が、今の自分の好みにピッタンコです。
    趣味は、音楽鑑賞の他は、ビーズモチーフ作りや旅行。
    とにかく、『まったり』が好き♪(笑)

    そんな私が、好きな音楽や日々の生活について、マイペースに語ってるブログです♪
    コメント欄を使って、お仲間同士でのお喋りも大歓迎です。
    ちょっと寄り道気分で入って頂けるような、そんな場所になれれば嬉しいです。
    Album
    Thank you!!
    Mail
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。